-blog-

きままに

嵩なる日々の制作や生活など、うつろう色を趣くまま綴ります。


しばらくバッグ制作が続いております。

まだマスク制作も続いておりますが、あいだにこうしてバッグのご依頼を頂きます。


これは元々、ベッドカバーやパレオに買われたインドネシア製のコットンです。

お預かりしてからしばらく時間を頂戴していましたが、夏色夏柄だから急がねば!

とやっと作りはじめた次第です。

でもこうして、黒で緊めるとなかなかいいなぁ。


どんな生地でもどんなバッグでも、頭で構想していた時よりその時点での思いつき(よく言えば閃き)
で仕上がっていきます。

私の頭の中で考えて想像したものがそのまま形になるなんてことは、ほぼ100%ありません。
その時は必死でイメージするのですが、その先上手くいかない、なんか納得できない、面白くない、などなどが生じそこで立ち止まります。

時間がかかっても私のものづくりはそんなこんななやり方ですが、そのうち答えが見つかります。


daru.t



またまたご無沙汰でございます。

いつまでたってもblog習慣が身につきません。


さてさて、ご無沙汰の間にご依頼を承ったバッグ制作に励んでおりました。

ピアノ演奏家、音楽講師をされている女性から楽譜を持ち運びするためのバッグオーダーを頂きました。

ご自身なかなかピンと来るものに出会えず、ここ2〜3年探し続けていらっしゃったとか。


でも結局、ご本人様とは直接お話することもなくメールでのやり取りで制作に入りました。

頂いたキーワードは『リボン』または『フリル』

私自身、あまり得意なパーツではないのですがこの素材を見つけた時になんとなく方向が決まりました。

どこぞやのブランドバッグのようなジャカード生地はとても仕立て栄えし、フリルもレザーで施し全体に知的で上品な印象に出来上がったと、自画自賛。

すでにバッグはお渡ししていますが、お客様にも喜んで頂いているようでホッとしました。


実はこのバッグ、ファスナー付きなんですよ。
大きな声では言いづらいのですが私、苦手でして...ファスナー付けが...

でもこうしてチャレンジする機会を与えて頂き、ありがとうございました。


daru.t




blogの記事一覧

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28